ニュース

デジタル視聴のためのNCAAバスケットボールトーナメント設定記録

2014年3月21日

今年の「March Madness」NCAA Men's Basketball Tournament は、デジタル視聴の記録を打ち立てていると、Turner Sports が発表しました。 CBS でのトーナメントの視聴率は低下しているように見えますが、放送のプライム タイムの初期の結果 (別の記事を参照) に基づくと、デジタル プラットフォームでの視聴率は大幅に上昇しています。

「ターナー スポーツが管理する NCAA マーチ マッドネス ライブは、2014 NCAA ディビジョン I 男子バスケットボール チャンピオンシップの最初の 3 日間 (火曜から木曜) に、すべてのデジタル プラットフォームで記録的なビデオ ストリームとエンゲージメントを記録しました」とターナーは発表しました。 「オンラインおよびモバイル (タブレットおよびスマートフォン) プラットフォーム全体で、NCAA March Madness Live は 2100 万のライブ ビデオ ストリームを獲得し、2013 年と比較して 42% 増加し、400 万時間以上のライブ ビデオが消費され、18% 増加しました。トーナメント アクションの最初の 3 日間。

ターナーによると、ライブ ビデオ ストリームに基づいて、トーナメントの最初の 3 日間にデジタル プラットフォームで最も視聴されたゲームのトップ 5 を以下に示します。

1. デイトン対オハイオ州立大学 — 4,588,000
2. ハーバード対シンシナティ — 2,742,000
3. セントジョセフ対コネチカット — 1,432,000
4. ノースダコタ州対オクラホマ — 1,365,000
5. アルバニー対フロリダ — 1,341,000

Omniture、Conviva、Bango のデータを引用して、Turner は 2014 トーナメントの最初の 3 日間のハイライトを次のように報告しています。

— モバイル (タブレットとスマートフォン) プラットフォームは、2013 年のトーナメントの最初の 3 日間で 87% のライブ ストリームを記録し、大幅な成長を遂げました。

— ライブ ストリーミング時間も大幅に増加し、昨年の同程度の期間を 53% も上回りました。

— SocialGuide によると、NCAA トーナメントの最初の 3 日間は、Twitter で 110 万件以上のコメントを生成し、昨年の最初の 3 日間より 39% 増加しました。