ニュース

ターナーのNCAAマーチマッドネスライブモバイルアプリが5,100万のライブストリームを通過

2014年3月21日

更新:NCAAマーチマッドネストーナメントのセカンドスクリーン視聴者数は、最初の週で記録的なレベルに達し、5,100万を超えるライブビデオストリームがありました。視聴チームの熱意がストリーミングデバイスで注目を集めているということは、火曜日までの総視聴者数が昨年のトーナメント全体ですでにオンライン視聴者を上回っていたことを意味します。

ターナースポーツはリリースで、オンライン視聴は2013年の同じ時間枠と比較して40%増加していると述べています。

オンラインビデオの視聴はトーナメントの開始時にすでに記録的なペースであり、最初の3日間で2,100万のライブビデオストリームと400万時間以上のライブビデオが消費されました。ターナースポーツによると、NBC Sportsのソチオリンピックと同じように、ペースは記録的なものです。トーナメントの最初の週にオンラインで視聴された最も人気のある5つのマーチマッドネスゲームは、デイトン対オハイオ州で、ストリーム数は462万でした。対デューク、421万ストリーム、ハーバード対シンシナティ、277万ストリーム、ケンタッキー対ウィチタ州、199万ストリーム、スタンフォード対ニューメキシコ、145万ストリーム。

モバイルプラットフォームを介したトーナメントのライブストリーミングは大幅に増加しました。2013年と比較して、今年はタブレットとスマートフォンに配信されるストリームが74%増加しました。

ターナーは、レポートを編集する際に、オムニチュア、コンビバ、バンゴによって収集された統計を引用しました。

このデータは、ParksAssociatesやTheDiffusion Groupなどの企業からの最近のレポートと一致しているようです。このレポートでは、若い消費者が視聴の大部分をオンラインで重視していることがわかりました。 18〜24歳の「後期ミレニアル世代」は33%の時間を上から配信されるコンテンツの視聴に費やし、29%はリニア放送のテレビを視聴しています。一方、25〜34歳の「初期ミレニアル世代」は23%の時間をオンラインで、30%はリニア放送を視聴しています。テレビ、TDGが報じた。

Parks Associatesは、ミレニアル世代後期の37%がオンラインビデオを最も重要なビデオソースと見なしていることを発見しました。

ただし、それは年配の視聴者がオンラインビデオの時流を避けているという意味ではありません。 TDGは、55歳以上の消費者の61%がリニアTVを好み、OTTを視聴しているのはわずか4%であると述べましたが、パークスは、米国の世帯の50%以上がサブスクリプションまたはトランザクションビデオオンデマンドサービス(Netflix、Amazon、Huluなど)を使用していることを発見しました。またはRedbox)。