リサーチ

フォレスター社による、Convivaが実現するコスト削減とビジネスメリットのレポート

1月13日、2021年

Convivaを使用するまで、お客様はCDNプロバイダーによるサービス品質メトリクスのレポートに大きく依存していました。 しかし、これらの計測基準は限定的であり、アナリストはサービスの問題を明確に定義することが困難または不可能であると感じていました。 インタビューしたお客様は、調査、フォーカスグループ、コールセンターとのやり取りを利用し、場合によってはソーシャルメディアを監視してユーザーの体験を評価していました。 Convivaに投資することで、アナリストとマネージャーは各ビューアーのサービス情報をリアルタイムで受け取ることができるようになりました。 この投資による主な成果としては、アナリストや開発者からカスタマーケアに至るまで、組織全体のコスト削減が挙げられます。 また、顧客の体験品質(QoE)も向上し、顧客離れが減少します。

顧客インタビューと財務分析によると、複合組織の場合、3年間で約81.7万ドルのコストに対して360万ドル近くの利益があり、正味現在価値は280万ドル以上、ROIは340%であることがわかりました。