動画配信事業で信頼できる唯一の情報源

統合型アナリティクスが視聴体験とエンゲージメントを最適化。

体験インテリジェンス

視聴者のエンゲージメントと満足度を最適化

成り行きに任せていても視聴者体験は向上しません。リアルタイムかつ継続的な計測を通じて、すべての配信、すべてのデバイス、すべての瞬間を対象に、動画配信事業のコンテンツや広告パフォーマンスを監視します。体験品質(QoE)の問題点の検出、解決、最適化を自動化して、完璧な動画パフォーマンスを実現しましょう。

成り行きに任せていても視聴者体験は向上しません

Conviva Experience Insights Suiteは、世界一の規模と信頼性を持つ動画配信データに基づいて、コンテンツと広告に関する視聴体験の計測を一元的かつ継続的に行います。解約率の抑制、過剰在庫の防止、問題解決の迅速化、予測可能な動画配信の実現をお手伝いします。

データへの信頼

世界で最も信頼性の高いビデオインテリジェンスを活用し、安心して配信を行いましょう。関連するQoE情報を適切なタイミングで積極的に表示することで、パフォーマンスをリアルタイムに把握し、視聴者体験の水準を保つことができます。

視聴者の満足度管理を自動化

視聴者体験に影響を与える問題を自動的に識別することで、解約率を抑制し、エンゲージメントを最大化します。ビジネスへの影響を把握し、根本原因を突き止めて、ユーザーへの影響が出る前に問題を解決に導きます。

視聴体験の把握

文脈のないデータには意味がありません。同業他社をベンチマークすることで、業界や競争上の最新トレンドに対して行動を起こしたり、自社の強みと弱みを理解したりすることが可能になります。

オーディエンス・インテリジェンス

視聴者をエンゲージし、収益化する

視聴者への知見を深め、動画配信事業の水準を高めましょう。自ら所有し運営するプラットフォームやソーシャルメディア全体で、視聴者の行動を追跡し、よりパーソナライズされた体験を提供することが可能になります。動画配信とソーシャルメディアのインテリジェンスを統合することで、視聴者のニーズを深く理解するとともに、拡大するオーディエンスのエンゲージメントとマネタイズを改善できます。対象となる視聴者とコンテンツをプラットフォーム全体で活性化し、スポンサーを獲得・維持しましょう。

ソーシャルメディア&コンテンツ全体にわたる視聴者の行動をシームレスに追跡

Convivaのオーディエンス・インテリジェンスは、動画配信とソーシャルアナリティクスを組み合わせることで、前例のない水準で視聴者を理解することを可能にします。視聴者が望むコンテンツを増やし、望まないコンテンツを削減することで、視聴者の満足度を維持すると同時に、新たな視聴者を惹きつけましょう。

視聴者体験をパーソナライズ

継続的に改良されるインテリジェンスを通じて、あらゆる時間、場所、コンテンツ、アプリ、デバイス、世帯にわたって視聴者の行動を知ることができます。オーディエンスのエンゲージメントとブランドロイヤルティを向上させましょう。

動画戦略の最適化

オーディエンスを引き込み、興味を維持するコンテンツをシームレスに識別することが可能です。視聴者それぞれに固有の嗜好をより深く理解することで、コンテンツとソーシャル戦略を改善しましょう。

ビジネスと足並みを揃える

一貫性のあるコンテンツとソーシャルインテリジェンスを企業全体でシームレスに共有し、コンテンツ獲得、マーケティング、リサーチなどの重要な意思決定を促進しましょう。

大手コンテンツプロバイダーから寄せられる信頼

10年以上にわたって業界標準を設定

年間1500億回の配信を実施

アプリ上で30億個のセンサーを運用

1日あたり1.5兆件のイベントが発生

46件の特許を取得

「Ad Insightsを動画広告の監視に役立てることで、再生に失敗している広告や、再生品質の悪い広告の検出が容易になりました。可視性が向上したことで、問題を迅速に解決し、考えうる限りで最高の視聴体験を提供することが可能になりました」
— CBSインタラクティブ 動画収益化・運用部長 ジャード・ウィリチンスキー
「インターネットTV市場で優位に立つには、技術革新の限界を押し広げ、次の時代に向けて構築し続けなければなりません。最近、次世代アーキテクチャを採用したSlingも、そのような取り組みを重ねてまいりました。ライブ配信メディアインテリジェンスの基準を幾度となく設定してきたConvivaは、最新世代のExperience Insightsでも同様のことを成し遂げています。
— Sling TV エンジニアリング部長 クリスティン・ウェーバー
「急速に成長する世界的なスポーツ放送局である弊社にとって、データは成功を続ける上で中心的な役割を果たしています。 新しい市場に参入するたびに、ユーザーの行動、デバイスの利用者構成、プラットフォームのインフラなど、地域特有の微妙な差異をリアルタイムで把握することが非常に重要になります。 世界水準のサービスを提供し、熱心な加入者がスポーツのライブ配信にかける期待に応えられるよう、弊社はConvivaを重要な戦略的パートナーとして選びました」
— DAZN オペレーション部門 ニック・グリムウッド
「弊社の配信プラットフォームにとって、Convivaの包括的な配信測定データは信頼できる情報源です」
— Canal Digital 最高プロダクト&デジタル責任者 トーン・クローン・クラウセン
「急速に拡大するHuluのビジネスでは、動画と顧客のシステムについて詳細に把握する必要があります。Convivaとのパートナーシップにより、Huluはライブ配信及びオンデマンドサービス全体で詳細なインサイトをリアルタイムに収集することが可能となり、最高のパフォーマンスを保てるようになりました。
— Hulu コンテンツ・ビジネス・オペレーション&デジタル・サプライ部長 デビッド・バロン
「Content Insightsを利用することで、視聴者がいつ、どこで、何を、どのように観ているのかをより深く理解できるようになりました。ワーナーメディアが進歩へ向けた投資を続け、ブランド全体の成長の機会を切り拓く中で、Convivaは今後も戦略的なパートナーであり続けるでしょう」
— ワーナーメディア データプラットフォーム&戦略事業部長 ロバート・ジョーンズ
「あらゆる市場の視聴者に向けて、アウトリーチとコンテンツ戦略をカスタマイズする取り組みには、大きな可能性があります。Conviva Content Insightsは、消費者の視聴コンテンツへの嗜好や行動を深く理解し、最高のエンターテイメント体験を提供し続けるためのサポートをしてくれるでしょう」
— Vrio(旧 DirectTV Latin America) OTT&デジタルテクノロジー アシスタント・ヴァイスプレジデント アレン・ハンキンス
「NASCARにとって、TikTokは5年来の新しいプラットフォームです。弊社のチームはチャンネルで魅力的なコンテンツを作成することに多くの時間を費やしています。ConvivaによるTikTokのアナリティクスは、コンテンツ公開に関する意思決定をデータに基づいて行うことを可能にするだけでなく、社内のすべてのステークホルダーに対してより分かりやすい形で成功を伝えることを実現します」。
— NASCAR ソーシャルメディア戦略担当ディレクター クリス・リットマン
「Conviva Social Insightsのおかげで、Instagramストーリーズにリソースと時間を投資することが容易になりました。日々データを確認することで、コンテンツが継続的に成長し、消費されていく姿がひと目で分かり、また、その場で調整を行うのも非常に簡単です。今年は、買収チームとのより密接な協力を通じて、自社アカウントでInstagramストーリーズを運用する際、何が最も効果的であるかについて、より適切な指標を提供するようになりました。このような取り組みにより、弊社は成長を維持することが可能になっています」
— NCAA デジタル&ソーシャルメディア担当アソシエイトディレクター クリス・ディオン
「弊社の成功にはツールとデータの融合が欠かせません。弊社はConviva Social Insightsとは素晴らしい関係を築いています。このサービスは私たちに素晴らしいリソースをもたらしてくれます。また、エンゲージメント率をはじめとする各種指標など、私たちの活動において重要な役割を果たしています。
— NASCAR アナリティクス&インサイト部長 ノリス・スコット
「弊社は今年、ソーシャルビデオで10以上の賞を受賞しましたが、Conviva Social Insightsが提供するメトリクスと戦略の貢献による堅実なROIがなければ、実現することは不可能だったでしょう」
— シスコ ソーシャルメディア主任 カルメン・コリンズ
「分析結果に完全にコミットすることで、過去1年間のInstagramストーリーズのリーチ率は100%増加し、平均リーチは150%増加しました。そのなかで弊社は、IG APIが提供するKPIに細心の注意を払い、それに従って知識を応用しました。 Convivaでは数多くのツールやプラットフォームを利用できますが、プラットフォームの優れたパフォーマンスもさることながら、他のサービスプロバイダーとの大きな違いは、アカウントマネージャーの存在です。Convivaの担当者に対しては、弊社のブランドチームの一員のように感じています。彼らはコンテンツのパフォーマンスを向上させるために、常に時間と労力をかけて仕事や知見の向上に取り組み、私たちが具体的な質問をするのを待つのではなく、改善すべき点を積極的に提案してくれます。Convivaのチームのおかげで、プラットフォームの日常的な使い勝手に大きな違いが生まれています。これにより、プラットフォームの利用を通じて、当社にとって最高の価値を見出すことが可能になりました。
— バイアコム デジタルマーケティングマネージャー ロスティ・エルクン、

重要なのはデータではなく、それを使って何をするかです。

事業全体を一元的に管理して、本当に重要なことに集中しましょう。

Convivaの「違い」

比類なきスケール

180カ国にわたる30億のアプリケーションの内部で1日あたり1兆件のデータイベントを分析。

リアルタイム

すべての配信で毎秒ごとに、クロススクリーン、視聴者中心のビデオインテリジェンスを提供。

包括性

完全で一貫性のあるAI駆動のデータは、相関性と実行可能性を備え、組織全体を対象とします。

動画に適した設計

エンゲージメント、収益、ROIを最大化できる意思決定を促進するための特別設計。

動画配信サービスの現状

弊社はクロスプラットフォームの配信データを、どの同業他社よりも大量に比較分析しています。

これをベンチマークと呼びます。

レポートのダウンロード