QoE

アナリティクスはあなたのために仕事をするべきです  

2020年7月30日

分析は、ネットワーク全体で何が起こっているかを理解するために重要ですが、多数のデータ ポイントをふるいにかけて、広告とコンテンツのパフォーマンス全体の問題を検出することは不可能です。これは、ますます大規模な技術スタックで実行されるパブリッシャー プラットフォームに特に当てはまります。 

パブリッシャーがストリーミング動画ビジネスを拡大するには、問題の根本原因、ガイド付きの一連のアクション、およびできるだけ早く修正を行うためのトリガーを即座に把握する必要があります。自動化ツールがなければ、優れたストリーミング エクスペリエンスを提供するのではなく、問題の根本原因を発見するために時間が費やされます。エクスペリエンスが影響を受けると、視聴者が離れていく可能性が高くなります。  

Conviva のソリューションは、常に単純なデータ ポイントを超えて、パブリッシャーに実用的な洞察を提供してきました。私たちの優先事項は、ビデオのパフォーマンスを改善するために必要な作業を合理化する自動化ツールを引き続き構築することです。ストリーミング動画の広告側では、自動化が特に重要であることがわかりました。コネクテッド TV の視聴者は、他のどのプラットフォームの視聴者よりも動画広告に関心を持っています。これが、これらのプラットフォームの CPM (1,000 インプレッションあたりのコスト) が上昇し続けている理由です。広告ブレーク内の問題を検出することは、視聴者の離脱を軽減するのに役立つだけでなく、パブリッシャーがこの貴重な在庫を最適に収益化できるようにします。  

Conviva の機械学習アルゴリズムは、広告エラー、広告スレート、クリエイティブ ビットレートなどの先行指標メトリックを継続的に監視し、個々の広告クリエイティブ レベルで広告の問題を自動的に検出して警告します。このアルゴリズムは、データの異常が検出されるたびにアラートをトリガーします。 Conviva の AI 警告システムによって検出された問題には、適切に配信されていない不適切なクリエイティブ、不十分なフィル レートを示す高レベルの広告スレート、およびサポートされていないエンドポイントでクリエイティブが配信されたトラフィッキング エラーが含まれます。 

ユーザー インターフェイス内の Webhook や PagerDuty などの他のワークフローにアラートをルーティングして、解決までの時間を短縮できます。今後、アラートを一部の広告サーバーに直接プラグインして、ライブ キャンペーン中のクリエイティブの監視をシームレスに行えるようになります。   

厳密なデータ ポイントから、ガイド付きデータ、アクションをトリガーするデータへの分析の変化に注意することが重要です。データポイントに行き詰まると、ビジネスは迅速に行動できなくなります。ストリーミング業界の競争が激化する中、データに基づいた迅速な意思決定を行う能力はますます重要になります。  

 

例:

リアルタイムの Ad AI アラートを自動化する方法: 

Chart On How To Automate Real-Time Ad Ai Alert By Conviva Analytics

 

アラートは、秒ごとのレポートを提供します。 

Data Snapshot Of Ad Rebuffering Ratio And Ad Active Plays Data

上記の例は、一貫してバッファリングが高い自動広告クリエイティブを示しています。高いバッファリングは、動画に対する視聴者のエンゲージメントだけでなく、高 CPM 自動キャンペーンの収益化にも影響します。広告 AI アラートは、広告申込情報 (広告 ID)、クリエイティブ ID、広告サーバー (広告システム)、ビデオ プレーヤーなど、問題が発生している場所を自動的に特定します。