マーケティング

TV と OTT の境界線はぼやけています

2016年1月14日

CW の社長である Mark Pedowitz は、今週、ちょっとした騒ぎを引き起こしました。 宣言する 消費者が彼の番組をいつどこで見るかについてのアンビバレンス: 「私は、消費者と視聴者に、番組を見つけられる場所ならどこでも番組を見つけることができると感じてもらいたいだけです。」彼は、ネットワークが次の 6 ~ 9 か月でまったく新しい戦略を持つと見積もっています。これは、そのアウトプット取引の多くが現在期限切れになっているためです。消費者への遊び。独占的でミレニアル世代に優しいコンテンツの素晴らしいスレートを市場に投入します(そして、次のようなショーの長寿のおかげで、現在非常に大きなバックカタログ  スーパーナチュラル)、彼らが大きな水しぶきを上げても驚かないでください。

確かに、別のパブリッシャーが Netflix や HBO をコピーしていると言うかもしれません。 その他 – それはニュースではありません。では、ディスカバリーのユーロスポーツがそれを発表するのはどうですか? 販売 オンライン消費のためのヨーロッパ全体の NBA リーグ パス?それは最近、さまざまな場所でディスカバリー ゴーを発表したのと同じディスカバリーでありながら、従来の有料テレビのメリットを引き続き享受しているのでしょうか?過去 12 か月の EBITDA はほぼ $2.5B で、これは MSO ラインに多くの賭けをしているネットワークですが、オンラインで前進する道を開くための彼らの継続的な努力は、OTT が移行が完了しました。

NBA / ディスカバリー契約は、次の観察に照らして特に魅力的です。 デジタルテレビの研究 スポーツほど独占的な番組はないため、従来のテレビ加入者のサインアップを促進しているのは独占的な番組である (中東や北アフリカの飽和度の低い地域ではあるが)。そして、そのコストは法外なものになりつつあります。たとえば、SNL Kagan によると、ノルウェーの市場は、増加し続けるスポーツ番組のコストに苦しんでいると同時に、加入者と ARPU の成長が圧迫されています。包括的な OTT 戦略で従来とは異なる視聴者を獲得することは、スポーツの恐ろしい収益曲線を逆転させるための最短の道である可能性が非常に高いです。

スポーツ以外では、独占的な取引が引き続き日常的に行われており、主にシンジケート化されたリピートを再生するチャンネルがいつまで競争し続けることができるのか疑問に思う必要があります. OTT の世界は、期限切れのショーのピックアップから、彼らの遊び場に影響を与え続けています ( ロングマイアミンディ・プロジェクト)、ネットワークによって拒否された番組の申し立て (アンブレイカブル・キミー・シュミット)、Hulu のような番組プロデューサーと取引している ちょうどした ソニーと。多分 みんな どんちゃん騒ぎしたくない ドーソンズ クリーク また シールド、しかし今、そうでない人々は、従来のテレビと OTT の間の魅力的な選択に直面しています。

テレビの世界が何が起こっているのか気づいていないとは思わないでください。最も攻撃的な動きの 1 つである TNT 発表した チャネルの広告負荷を 50% 削減するという意図。番組の 43 分ごとに 17 分間の広告を表示することに慣れている私たちにとって、これはおそらく非常に目立つでしょう。また、広告を通じてビジネスを推進しようと計画している OTT サービスにも圧力がかかります。オンラインの広告負荷がテレビの負荷を上回り始めた場合、次の 2 つのことが起こる可能性があります。視聴者は、結局オンラインの方が体験が良くないのかと自問するでしょう。今日の OTT プロバイダーは、膨大な選択肢と優れた再生を提供することで独自の差別化を推進できますが、エクスペリエンスには階層があり、息をのむほどの広告負荷がその階層にあります。

最後に、ラスベガスで閉幕したばかりの気が遠くなるほど巨大な見本市である CES に最終的な言葉を与えないのは間違っているでしょう。 Periscope 経由でライブストリーミングされた基調講演で、YouTube の最高ビジネス責任者である Robert Kyncl は次のように宣言しました。デジタルが 10 年を勝ち取る」。デジタルの成長が「指数関数的」になるという彼の信念は説得力がありますが、彼は予想通り、誰もが何でも投稿できるプラットフォームの「民主的」な性質を推し進めました。

MSO が OTT サービスの再販を提案し、OTT サービスが従来のテレビ会社に独占コンテンツを提供し、ネットワークが消費者が望むあらゆる方法でエンターテイメントを提供することを宣言することで、私たちは 1 年を迎えます。デジタルがこの 10 年間を制するというのは間違っているかもしれません。